お問い合わせ

ご注文・お問い合わせ06-6631-5715

粉もん専門店大阪・ミナミ道具屋筋から粉もん材料をお届け!

おいしい焼き方講座

たこ焼

1

特もみぢ粉(小麦粉・中力)1kgに対して入れる割合

・エビスA(だしの素) 大さじ2杯(20〜30g)
・ゑびすのまる味(天然調味料) 大さじ2杯(20〜30g)
・薯蕷(じょうよ) 大さじ2杯(20〜30g)
・お好み焼たこ焼の素(ふくらし粉) 大さじ1杯(10〜15g)
・えびすのうまみ(グルタミン) 大さじ1.5杯(10〜20g)

check

上記の割合を基本にして製造した商品が『たこ焼お好み焼ミックス粉』です。

この中にお好みで他の調味料(ヘイワ粉末がらスープなど)を加えてお店オリジナルな味付けを工夫してください。

ご注文

2

(1)で作ったミックス粉を水又はだし汁で溶きます。

容器に水4Lと卵5個をボールに入れ、よく撹拌してからミックス粉を加えます。その際、篩(ふるい)に通しながら少しずつ振り掛けるように入れた方が、ダマになり難く作業の手間が省けます。この時、練りすぎて生地の粘度が出てしまうと、焼き上がりがふっくらしないので、気を付けてください。その後30分ほど置いてから使用した方が、生地が落ち着き、粉っぽさが抜けおいしくいただけます。

3

たこ焼の鉄板を200℃位にあたためてカリッと油をひき、各穴の中へ生地を流し込み、タコ、紅生姜、天かすと入れて下さい。生地は溢れるくらいたくさん入れて下さい。天かすは敷き詰めるくらいのイメージで入れて下さい。ここで鉄板の温度は熱くなり過ぎないように、火加減は、調節して下さい。

4

写真たこ焼

横にはみ出た生地を切り取り、たこ焼を一つ一つ切り離し、たこ焼の穴の外側の三分の一位が焼けてきたら、たこピン(千枚通し)で返して下さい。一度に180°は回さず、徐々に返しながら、おいしそうな色になるまで丸く焼きあげて下さい。くるくる回りだしたら、強火にして、こんがり焼き色を付けて出来上がりです。常に火加減は気を付けて、美味しく焼いて下さい。

メモ

生地の硬さは、各お店、地域により違いますので下記の割合は一つの目安として下さい。

(キャベツなどを入れる時は、水分が出ますので、気を付けてください)

粉1㎏(約200個)に対して用意する材料です。

水又はだし汁4L
卵5個
蛸1㎏(5gカット×200個)
天かす300g(たこ焼ひとつに小さじ1杯が目安です)
紅生姜(刻み)60g
カリッと油(たこ焼用オイル)適量
ソース適量
花かつお適量
青のり適量
お好みで、味のつゆ(和風だし)、マヨネーズ、チーズソース、カレーソースなど色々な味を楽しんでください。

こだわりの粉もん材料

商品カテゴリー

今月のオススメ情報